陰部がかゆくて黒いなら保湿をしよう

 

陰部がかゆくて黒い人に共通していることが多いのが乾燥をしてしまっていることです。
乾燥をすることによって色々な肌機能が低下をしてしまうことになるためです。

 

バリア機能が低下をすれば刺激や雑菌から肌を守れなくなります。
そのため、黒ずみやかゆみに悩まされることになります。

 

ターンオーバーの周期が遅れるようになれば角質が肌に残ってしまいます。
そのため、臭いに悩まされることにもなります。

 

肌機能が低下することによって陰部の黒ずみ・陰部のかゆみ・陰部の臭いと3種類も悪影響を及ぼす可能性があるのですね。

 

スキンケアで最も大事なのが保湿をすること。
これは大抵のスキンケア用の美容関係の本に書かれていることです。

 

それだけ、保湿をするってことは肌を綺麗に保つためには大事なこととなるのですね。

 

陰部が乾燥をしてバリア機能の低下によるかゆみと黒ずみの原因

 

陰部が乾燥をすることによって、肌機能のひとつのバリア機能が低下します。

 

バリア機能とは保湿剤の膜によって肌への外からのダメージを軽減する為の働きです。乾燥をすることで保湿剤の膜が薄まってしまいます。そのため、バリア機能が低下する原因となります。

 

外からの刺激を防ぐことができなければ、刺激から肌内でメラニン色素を作りだすようになります。バリア機能の代わりはメラニンが補うのですが、色素を持っているため、肌に付着することで黒ずみができる原因となってしまうのですね。

 

また、肌への刺激は黒ずみだけでなく、かゆみへと変わってきます。

 

そのため、陰部が乾燥をすることで黒ずみとかゆみを引き起こす原因となるのですね。
すでに色が黒かったりかゆいと感じるのであれば、保湿をしっかりとできていない証拠となります。

 

陰部の乾燥による角質が残ったことによる臭いの原因

 

陰部は乾燥をしてカサカサになることで、ターンオーバーが正常に行われなくなってきます。

 

肌はターンオーバーの周期によって古くなった皮膚を角質として外に排出し、新しい皮膚を細胞が作りだしています。しかし、このターンオーバーの周期が乱れることによって、古い皮膚である角質が付着したままとなるのですね。

 

また、カサカサになることで皮膚がぼろぼろと落ちるようになってきます。
不衛生な状態となるのですね。

 

そのため、臭いを発するようになってしまい、人によっては悪臭となっています。
同じく保湿をして乾燥を防ぐことが大事となるのです。

 

陰部の肌トラブルの改善の第一歩は保湿

 

陰部だけでなく、肌は乾燥をすることによって様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。
肌機能が低下することによって、様々な症状があらわれてくるのですね。

 

そのため、陰部の黒ずみにしろかゆみにしろ、臭いにしろ優先的に行わなければならないのが保湿を行うことです。
それは陰部だけでなく、他の肌すべてにいえることとなります。

 

その上で、かゆみや黒ずみを防ぎたいのであれば、美白成分が配合された化粧品や化粧水を使い、かゆみであれば保湿力のすぐれた成分が配合されたのを使うようにしましょう。
陰部の黒ずみは美白できるへ