陰部の黒ずみや臭いを解消するケア

 

陰部の黒ずみができている人で臭いに悩まされている人も多いです。
それはデリケートゾーンが乾燥をしているのが関係をしています。

 

バリア機能やターンオーバーの働きが低下をしてしまったことによるのが原因となっているのですね。

 

そのため、黒ずみと臭いケアは同時に行うこともできます。
全ての原因は陰部のケアができていないのが関係をしているからです。

 

石鹸を変えれば両方とも解消できると思っている人もいますが、効き目としては弱いです。
黒ずみと臭いを同時にケアする方法について解説していきます。

 

黒ずみや臭いが発生する原因は乾燥

 

陰部といっても顔と同じように皮膚によって作られています。
そのため、バリア機能やターンオーバーなどの肌機能も同時に行われています。

 

しかし、乾燥をしていれば肌機能は正常に働かず低下をしてしまいます。
そのため、雑菌が繁殖をしやすく、刺激を与え炎症をしやすくなります。

 

臭いと黒ずみには関係性があるのですね。

 

黒ずみの原因は乾燥した状態での刺激

 

肌は乾燥をすることで外的刺激から守ることができません。
陰部であればパンツによる締め付けや蒸れたことによるかゆみが原因となりやすいです。

 

刺激を与えることで角質層の奥にある細胞によって、メラニンが作られ分泌をします。
分泌されたメラニンが色素沈着をすることで黒ずみを発生させてしまっているのですね。

 

臭いも発生しているのであれば、バリア機能が低下したことによって雑菌による刺激から守れていない可能性があります。

 

臭いの原因は雑菌の繁殖

 

陰部の臭いを発生する原因としては雑菌の繁殖とスソワキガと呼ばれる汗線によるものです。

 

ゴシゴシ洗いをすると常駐菌と呼ばれるものを洗い流してしまいます。
また、皮脂と除去しすぎてしまうので過剰に分泌する原因にもなります。

 

結果、雑菌が繁殖をしやすく汗をかきやすくなってしまいます。
この菌が繁殖をすることで臭いを発生させてしまう原因となっています。

 

また、スソワキガと呼ばれる病気である女性も少なからずいます。

 

陰部も皮膚なのでケアが必要

 

陰部といっても顔と同じように皮膚によって作られています。
そのため、黒ずみのようなシミもできてしまうのですね。

 

黒ずみと臭いを解消したいのであればデリケートゾーンのケアをするようにしましょう。

 

陰部のケアとして有効なのは2種類です。

 

  • 黒ずみクリームを使う
  • 刺激を与えないように洗う

 

黒ずみクリームに配合されている成分によって、美白を行い色素沈着した古い皮膚を剥がすターンオーバーを促進させることが可能です。

 

そして、お風呂で洗う際にはやさしくなでるようにしましょう。

 

デリケートゾーン石鹸と呼ばれるもので黒ずみと臭いケアを同時に行うことができるのを売りにしているのはあります。
しかし、石鹸の特徴がらあまり効き目を期待することはできません。

 

配合されている美容成分が肌に浸透をする前に洗い流してしまうのですね。
デリケートゾーン石鹸を使うのであれば目的は刺激を与えない為の用途です。

 

ボディウォッシュには汚れを落とす効果はあるものの、肌に刺激のある成分が配合されています。
そのため、黒ずみを発生させる原因にもなりかねません。

 

デリケートゾーン石鹸を使うことで、黒ずみの原因を解消すれば美白効果を高めることができます。

 

黒ずみと臭いを解消する方法のまとめ

 

ケアの基本てしては黒ずみ用クリームを使うようにしましょう。
金銭的な余裕があるのなら、デリケートゾーン石鹸を使うようにするのも効果的です。

 

ただ、石鹸の効き目としては美容成分があまり浸透しないので、臭いケアです。

 

どちらかひとつを使うのなら黒ずみクリームを使った陰部のケアをしましょう。

 

陰部の黒ずみを解消するクリームや方法については下記をご覧ください。
陰部の黒ずみはケアで解消できるへ